お知らせ | 日本ミスコンテスト協会

ブログ

ミスコンテストはリアリティ番組に展開する。Miss Multiverse コンテスト

カテゴリ: お知らせ 作成日:2021年09月26日(日)

 

 

こういうミスコンテストが開かれています。

Miss Multiverse ミス・マルチバース というコンテスト。

Facebookより

https://www.facebook.com/MissMultiverse/

 ミスマルチバース 4

 

 

 

 

世界規模で開催されているミスコンテストらしいのですが、最近まで私も知りませんでした。

こちらが日本代表の方。

 ミスマルチバース 日本 1

 

 

実はお名前がどこにも書いてありません。下で書きますが、ネット番組の中で明かされるのかもしれません。

 

2021年度はドミニカ共和国のホテルで開催されるようです。

この新型コロナの時期に、一か所に集合して開催とは。と思っていたら、このコンテストのもう一つの側面が見えてきました。

 ミスマルチバース 2

 

 

つまり、このコンテストの様子はネットTVで放送されるのです。

ネット番組でちょっとしたブームになっている、リアリティ番組として、コンテストの様子がリアルタイムで逐一放送されるのです。

「I AM Miss Multiverse」という番組で、Amazonプライムからです。

Amazonプライム

https://www.primevideo.com/region/fe/detail/0GZ33RRABH0PD5422N2AGW9KDY/ref=atv_dp?language=ja_JP

覗いてみましたが、残念ながら日本では現在のところ視聴できないようです。

 ミスマルチバース 3

 

 

 

 

リアリティ番組といえば、あの「The Bachelor Japan (バチェラー)」が有名ですよね。

Amazonプライムより

https://www.amazon.co.jp/b?node=4659639051

 

 

このバチェラーは、アメリカのAmazonプライムの番組からはじまり、世界的に人気の番組になりました。

各国版が作られ、日本でもバチェラージャパンが人気番組になっています。

バチェラーの成功が、Amazonプライムをネットフリックスと並ぶ視聴者数を誇る、ネットTVに押し上げたとされます。

日本版バチェラー

 バチェラー 1

 

女性が主役のものも。

 バチェロッタ 1

 

 

それ以降、リアリティ番組がネットTVのキラーコンテンツとなったと考えられ、各ネットTV局がリアリティ番組を流すようになってきました。

そしてこのMiss Multiverseは「I AM Miss Multiverse」というリアリティ番組として、放送されています。

Amazonプライム

https://www.amazon.com/Miss-Multiverse-Australia/dp/B0875KJ126

以上のURLはオーストラリア版です。

おそらくMiss Multiverseは、この番組のために開催されているのでしょう。なので、ミスコンテストとしてはあまり知られておらず、日本でも代表選出大会が開かれていないのではないでしょうか。

世界のミスコンテストもさまざま形態を変えて開催されるようになっています。

このMiss Multiverseも今後の展開を注目していきましょう。

 ミスマルチバース 1

ミスベラルーシは、独裁大統領に負けない

カテゴリ: お知らせ 作成日:2021年08月09日(月)

 

大いに盛り上がった東京オリンピックですが、ベラルーシの陸上選手チマノウスカヤ選手が、大統領の帰国命令を拒否して亡命したことが、ちょっとした政治的な話題にもなりました。

 

チマノウスカヤ

 

ベラルーシはルカシェンコ大統領があからさまな独裁政治を続けていて、「ヨーロッパ最後の独裁者」とも言われています。

こちらがそのルカシェンコ大統領。ミスベラルーシと一緒の時です。

 

ルカチェンコ大統領 1

 

今回の帰国拒否・亡命騒ぎも、大統領は「反対派の陰謀だ。彼女は操られている」と強弁しています。

いずれにしても、チマノウスカヤさんが一日も早く、大手を振って自分の国に帰ることが出来ることを、期待したいですね。

 

 

 

さて、Miss Contest gardenとしては、そのベラルーシのミスコンテスト事情を紹介してみたいと思います。

 

ベラルーシのある地域、ユーラシア大陸の中心部は「美女の宝庫」と呼ばれています。

美人が多く、ミスコンテストも盛んにおこなわれています。

このあたりは、同じ独裁国家である北朝鮮などと対照的なところですね。

 

ミスベラルーシです。

 

ミスベラルーシ 4

 

ミスベラルーシ 2

 

ミスベラルーシ 3

 

民族衣装が美しい。

 

ミスベラルーシ 1

 

こちらはミスウクライナ。ベラルーシの南にある隣国です。

 

ミスウクライナ 1

 

東隣の国がロシア。ベラルーシとは「白いロシア」という意味ですが、これはモンゴル語で白には「西」という意味があります。

ベラルーシはモンゴル帝国から独立する形で建国された国なので、ロシアの西の国という意味で、この国名になっています。

 

こちらがミスロシア。

 

ミスロシア 1

 

ちょっと北の国、フィンランド。ミスフィンランドのみなさん。

 

ミスフィンランド 1

 

この地域に美女が多く生まれるのは、ヨーロッパとアジアの中間地域で、ほとんどの人が白人とアジア人、さらに南のアラブ人も含めての混血だからとも言われますが、どうなんでしょうか。

また、この地域はかつてのソ連支配地域から独立した国が多く、いまだに独裁政治を続けている国も少なくないのが実情です。

いずれにしても、彼女たちがこの笑顔にふさわしい国に、早くなることを期待したいです。

 

それにしてもこのルカシェンコ大統領。ほとんどセクハラですね。

 

ルカチェンコ大統領 2

 

トランスジェンダーの出場者がミスコンテストに出場 女に生まれた歓びとは

カテゴリ: お知らせ 作成日:2021年07月04日(日)

最近の流行語のようになっているのが、LGBTやトランスジェンダーという言葉。

 

 

初めてのことではないですが、ミスコンテストにトランスジェンダー「女性」が出場し、入賞を果たしました。

 

 

アメリカ・ネバダ州で行われた、ミス・ネバダ・USAのコンテスト。

優勝したのはカタルナ・エンリケスさん(27)です。元男性でした。

きれいな人ですね・

 ミスネバダ 1

 

ミスコンテストではないですが、世界的にはモデルやタレントとして活動する、トランスジェンダー女性も珍しくはない時代になっています。

 

 

リア・Tさん。モデルとして活躍してます。元男性です。

 リアT

 

カルメン・カレラさん。アメリカでタレントとして活動している方。元男性。

 カルメンカレラ

 

全ての人が、その属性によって差別されず、活動できることは歓迎すべきことです。

そういう意味で、これは良い傾向だとは思います。

 

 

しかし、ミスコンテストとしては、いささか困った事態だとも考えます。

元男性を、もともとの女性と同等に扱っていいものか、ということです。

 

 

スポーツの世界では、トランスジェンダー女性を女子選手として受け入れることに批判的な意見もあります。

もともと体は男性なので、身体能力の点で、女子選手に比べてアドバンテージがあるわけです。こういう選手を女子選手と同等に扱うのは、フェアと言えるのかどうか。

そういう批判が出ているのです。

 

 

こういう例があります。

トランスジェンダーの女性パワーリフティング選手が、この選手が、大会時に男性であったと判断されたため、世界タイトルを剥奪されました。

 

 

メアリー・グレゴリーさん。元男性です。

 メアリーグレゴリー

 

これに一部の女性アスリートが反発しました。

イギリスの元オリンピック選手シャロン・デイビスさんは、自身のTwitterに、「男性の身体と生理機能を持ったトランスジェンダーの女性選手がアメリカの大会で優勝し、世界記録を更新しました。女性の身体を持つ女性は太刀打ちできない。無意味で不公平な戦いになります。」

と意見表明したのです。

 

 

ミスコンテストはスポーツとは違いますが、同じような問題を抱えることになります。

元男性をもともとの女性と同等に扱うことが出来るのか。それははたしてフェアなことなのか。

今のところ、ミスコンテストの場で、元男性が有利になる状況はあまり考えられません。しかし、いろいろな条件が違ってくるのは間違いありません。今後必ず大きな問題となるでしょう。

 

 

ミスコンテストとしては悩ましいところです。

本来、ミスコンテストは「女に生まれた歓び」を表現する場だと考えるからです。

 

 

女に生まれた嬉しさ。

 ミスコンテスト 1

 

 

女性ならではの美しさ。

 ミスコンテスト 2

武力衝突のイスラエル、そのミスコンテスト、ミスコン事情

カテゴリ: お知らせ 作成日:2021年05月19日(水)

イスラエル・パレスチナの武力衝突は、これを書いている時点で、収まる気配はありません。

相互にロケット弾攻撃と報復爆撃の応酬で、多数の犠牲者を出していると伝えられています。

 

一日も早い収拾と平和を祈るばかりです。

 

 

ここでは、その一方の国、イスラエルのミスコンテスト、ミスコン事情について、少し書いてみたいと思います。

 

 

ミス・イスラエルで一番有名な女性といえば、おそらくこの人。ガル・ガジェット。

ハリウッド女優として活躍しています。

ガルがドット 2

代表作は、もちろん「ワンダーウーマン」でしょう。

 ワンダーウーマン 1984

 ※ クリックしてください。

 

 

彼女は1985年4月30日、イスラエル生まれ。

18歳でミス・イスラエルに選ばれ、ミス・ユニバースにも出場しました。

その後、帰国して兵役につきました。

ガルがドット 1

 

イスラエル国民は兵役の義務があり、それは女性にも適用されます。男女の扱いに違いは無いのです。

兵役の義務(徴兵制)がいまだに残っている国は、今ではあまり多くはありません。隣国の韓国が有名ですが、ほとんどの国では、有事の時のみだったりする場合が多いのです。

  

イスラエルの女性兵士

 イスラエル 女性兵士 2

 

 

しかし世界でも、女性にも兵役の義務を課している国は珍しいのです。イスラエルは人口が900万人程度で、そのうち兵役対象となるユダヤ系人口は6~700万人程度とされます。

この人口で、十分な兵士の人数をそろえるには、女性も兵役につかせるしか無いというのが実情なのです。

 

イスラエルは準戦時状態にあるとされ、周囲は敵対するアラブ諸国に囲まれています。現在のような事実上の戦争状態になることも、しばしばあります。

そのため、女性兵士が実戦に参加することも、珍しくないと言われます。

 

 

男性兵士と共に軍務につくイスラエル女性兵士

 イスラエル 女性兵士

 

ガル・ガジェットは、兵役についた後、アメリカ・ハリウッドに渡り、女優デビューしました。

ブレイクしたのは、この「ワンダーウーマン」で、女性兵士だった彼女のイメージにピッタリだったのです。

彼女も、兵役時代の経験が、ワンダーウーマンのキャラ作りに役立ったと言っています。

 ガルガドット 3

 

 

女性兵士のいる国イスラエルは、世界的にワンダーウーマンのイメージかあるようで、国際的ミスコンテストで、ワンダーウーマンのコスプレをする、イスラエル代表もいます。

 

 

ミスインターナショナル2017年、イスラエル代表のコスプレ。

 ミスイスラエル

 

 

ジェンダー平等の考えからすれば、女性兵士は歓迎されることなのかもしれませんし、ワンダーウーマンもとても面白い映画ですが、とにかく、今の武力衝突が収まり、イスラエル、パレスチナともに平和な時代になることを祈りたいです。

 

 

女性兵士たちも、こんな笑顔になりますように。

 イスラエル 女性兵士 4

ミスコンテスト、ミスコン強豪国 ミスベネズエラ はこれからどうなるのか。

カテゴリ: お知らせ 作成日:2021年05月04日(火)

ミスコンテスト、ミスコンに興味がある方なら、南米にあるベネズエラという国が、ミスコンテストで素晴らしい結果を出し、「ミスコン強豪国」と呼ばれている、という話を聞いたこともあるかもしれません。

 ミスベネズエラ

 

その通り。ベネズエラはミスコンテストで最多タイトルを獲得し、見事な結果を出しています。

ミスコンテストの結果は、

ミス・ユニバース 優勝7回 

1979 • 1981 • 1986 • 1996 • 2008 • 2009 • 2013 年

ミス・ワールド 優勝6回 

1955 • 1981 • 1984 • 1991 • 1995 • 2011 年

ミス・インターナショナル 優勝8回 

1985 • 1997 • 2000 • 2003 • 2006 • 2010 • 2015 • 2018 年

ミス・アース 優勝2回 

2005 • 2013 年

ミス・アースだけ少ないですが、これはミス・アース自体の歴史が浅いからです。

ミス・ベネズエラは 1位がミス・ユニバース、2位がミス・ワールド、3位がミス・インターナショナル、4位がミス・アース にベネズエラ代表として派遣されます。

近年の優勝者を見ると

ミス・ユニバース 2013年 優勝

マリア・ガブリエル・イスレルさん。

f:id:nihon-miss:20190220110442j:plain

トランプ前大統領と。

当時はトランプさんは大統領ではありませんでしたが、この頃はミス・ユニバース世界大会の運営権はトランプ氏のもとにありました。

f:id:nihon-miss:20190220110536j:plain

ミス・ワールド 2011 年 優勝

Ivian Sarcos イヴァン・サルコス さん と発音すればいいのかな。

f:id:nihon-miss:20190220110834j:plain

水着で。

f:id:nihon-miss:20190220110859j:plain

 ミス・インターナショナル 2018年 優勝

Mariem Velazco マリエム・ベラスコ さん でしょうか。

f:id:nihon-miss:20190220111246j:plain

こちらはカジュアルウェア。

f:id:nihon-miss:20190220111302j:plain

ミス・アース 2013年 優勝

Alyz Henrich アリズ・ヘンリッツ さん。ドイツ系でしょうか。

f:id:nihon-miss:20190220111615j:plain

こういうファンタジックな写真も。

f:id:nihon-miss:20190220111720j:plain

まさに総ナメという感じです。

ミス・ベネズエラがこれほど素晴らしい結果を出せるのは、もちろんいろいろと力を入れているからでもありますが、それも1人の人が尽力している、ということではなく、組織的にミスコンテスト出場者の底上げを行っているからです。

なんとベネズエラには、ミスのための学校まであります。

正式な名称では無いようですか、beauty factoriesと呼ばれていて、つまり美女工場です。

こんな感じ。

なんと、大人からこんな子供まで生徒?にいます。

f:id:nihon-miss:20190220112424j:plain

子供の頃からウォーキングの練習。そりゃミスコンでも優勝するでしょう。

f:id:nihon-miss:20190220112443j:plain

結構、体育会系だったりする。

f:id:nihon-miss:20190220112528j:plain

このbeauty factoriesには、各国から留学生も来ているようで、コロンビア、ブラジル、フィリピンなどから、ミスのファイナリストたちが、美女になるための勉強に来ているとのこと。

これは強豪国にもなりますよ。

これだけミスコンテストが文化として根付いているのは、うらやましい話です。

さて、そのベネズエラですが、治安の悪化が著しい。

経済状況は世界最悪とまで言われ、犯罪が多発しています。

独裁的な大統領と反大統領勢力との対立が激しく、上に出てきたトランプ前大統領は軍事介入まで示唆していました。

f:id:nihon-miss:20190220113112j:plain

f:id:nihon-miss:20190220113128j:plain

まさか、ミス・ユニバースを救出するために軍隊を送るのではないと思いますが。

・・・いや、本音はそうだったかもしれませんね。トランプさんのことだから。

一日も早く、治安が回復し、この笑顔が途絶えることがないことを祈ります。

f:id:nihon-miss:20190220113332j:plain

かつて行われていた、ミス東京コンテスト

カテゴリ: お知らせ 作成日:2021年04月23日(金)

 

ミス東京コンテスト

 

ミス東京コンテスト

 

 

 

かつての昭和の思い出です。ミス東京コンテストが行われていました。23区と各市群から代表が選ばれて、華やかに開催。

プレゼンターは東京都知事がやっていたようです。

当時の映像。昭和49年度は47人が出場していました。

www.youtube.com

こちらは昭和55年度。

www.youtube.com

昭和58年。この頃から映像がカラー化されています。

著作権の関係でフィルターがかかっていますが、ご容赦ください。

www.youtube.com

BGMがなんだか時代を感じさせます。

平成にはいった頃から実施されなくなりました。

スポンサーの中日新聞社東京新聞を発行している)がスポンサーを降りたことが最大の理由ですが、この当時にわかに起こったミスコン批判を気にしたこともあったのでしょう。

もう昭和も終わり、令和になりました。私たちも「ミス令和の日本 コンテスト」を開催しています。

ミス東京も再開したいものですね。

今、中国はミスコンテストが花盛り

カテゴリ: お知らせ 作成日:2021年04月12日(月)

 

最近の中国は悪いニュースが多い感じがします。ウィグル地区での人権問題や、新型コロナも中国が発祥と言われています。

 

 

ここでは、そんな中国のミスコンテスト事情を少し紹介してみましょう。

 ミス観光中国

 

ミス観光中国 2

 

 

こちらは中国のミスキャンパスたち。

 中国のミスキャンパス

 

中国では国際的なミスコンテストが毎年数十回も開かれています。「国際的」というのは、世界各国から代表が集まるようなイベント、という意味です。

ミスコンテストには、オリンピックのIOC、万国博覧会の博覧会国際事務局(BIE)のような世界的な認定機関は無いので、いくらでも開けるのです。

中国の人たちも、国際的なミスコンテストはいったいいくつあるのかと、驚いているかもしれませんね(笑

 

 

 

これは2019球旅游小姐世界。シルクロード国際観光コンテスト世界大会。

真ん中の優勝者は中国代表、向かって左が準優勝ベネズエラ代表、右が三位の赤道ギニア代表。

ミスSilk Road

 

今の中国は、日本の昔の高度成長期にあたり、観光などの目的で、注目を集めたいイベントの需要があります。

世界的にはほとんど無名の都市でも、ミスコンテストなど国際的なイベントと称する催しがどんどん開かれているのが、今の中国です。

 

 

これは、ミス・インターナショナル中国大会。

 ミスインターナショナル 中国大会

 

国際的ミスコンテストと言うからには、各国代表がいて、日本代表がいるミスコンテストも少なく無いはず。

しかし、日本で選考会が行われているという話は、ほとんど聞きません。

 

実のところ、これらもミスコンテストでは海外代表は、その国にいる在外中国人、または中国国内にいる外国人が、代表として出場していることが多いと言われています。

 

それはインチキではないか、と思ってしまうかもしれません。

しかし、中国は多民族を国内に内包する国家であり、また何千年も前から外国に中国人が住んでいて、その人たちは華僑と呼ばれています。

中国国内にいる人は皆中国人であり、さらに中国人は世界中にいるのです。

中国人にとって人種だの国籍だのという感覚は、日本人とは違うのかもしれません。

 

 

 

こちらは、ミスインターナショナル日本、2017年度3位の文室理恵さん。

母親は中国の回族の方で、小学校は中国で過ごし、当時は中国傳媒大学(北京)の学生。

中国語・日本語ともにネイティブレベルとか。

 文室理恵

ミスミャンマー代表が涙で訴えたのは、ミスグランドインターナショナル・コンテスト

カテゴリ: お知らせ 作成日:2021年04月04日(日)

ミャンマー情勢が連日のように伝えられています。

軍によるクーデターの下、反対派の国民に容赦のない暴力を振るい、多数の死傷者が出ているとか。さらに隣国タイに逃げ込んだ少数民族の難民が出ているなど、今の時点で、情勢のゆくえはわかりません。

 

そんな中、世界的ミスコンテストに出場中のミャンマー代表のハン・レイさんが、「自分の国が大変なことになっている。自分はここでこんなことをしていていいのか。」と、涙ながらに世界に支援を訴えたことも、大きなニュースになりました。

 

 ミスミャンマー 2

この記事では、そのミスコンテストについて書いてみたいと思います。

 

このミスコンテストは、ミスグランドインターナショナル。

このURLがそれです。

ミスグランドインターナショナル

 

ミスグランドインターナショナルは、比較的歴史の新しいミスコンテストですが、急速に規模を拡大しています。

ミスグランド 1

もともと、タイでミスワールドなどを主催していた、Nawat Itsaragrisilさんが中心となって立ち上げたもの。

 

この方がNawat Itsaragrisil さん。 ナワット・イタラグリシルと発音するようです。

ミスグランド 4

もともと、ミスワールド・タイ大会などのプロデューサーをしていた方のようですが、ミスワールドの仕事を降りた翌年、2013年にミスグランドインターナショナルのメインプロデューサーとして、この大会を始めました。

なので第1回目からまだ10年経っていないのです。

 

最初は、参加者も参加国も少なかったようですが、今では、アメリカやヨーロッパからも代表が来るようになり、堂々たる世界的ミスコンテストに成長しています。

開催地も、バンコクばかりだったのが、ラスベガスやベネズエラのカラカスなどでも、開催しています。

 

なお、参加条件に「生まれながらの女性であること」という項目が入っているのは、タイらしいというか、今の時代ならではでしょうか。

ミスグランド 3

今年、2021年度の開催地はバンコクで。

いわば、タイ発祥の世界的ミスコンテスということで、タイの観光業界も応援しているようです。

 

 

それぞれの国ではミスグランドとだけ呼ばれ、国ごとに代表選出大会を開催し、世界大会では語尾にインターナショナルとつく大会となります。

今年の日本代表は、佐治瑠璃さん。

大学生で、実家は1300年続く神社とかで、将来は宮司になりたいとのこと。

 

佐治瑠璃さん。動画です。

https://www.youtube.com/watch?v=iVo52TajCMo

 

 

ちょっとうがった見方ですが、ミスアースというコンテストがあり、日本からも代表が送られています。

実はこれ、フィリピン発祥のミスコンテスト。予想外と言っては悪いかもしれませんが、かなり大規模なミスコンテストで、世界的なイベントに、急速に成長しました。

今は参加国数もミスユニバースやミスワールドをしのぎ、世界4大ミスコンテストと称しても違和感がありません。

 

東南アジア諸国は国ごとに張り合う風潮があります。

フィリピンでそれだけのものが出来たのなら、わがタイでも、という対抗意識がこのミスグランドインターナショナル・コンテストを育てたのかもしれません。

となれば、同じようにミスコンテストの盛んなベトナムやカンボジアからも、新しいミスコンテストが始まるかもしれませんね。

 

 

ミスアースコンテスト

ミスアース

 

 

ミャンマー代表のハン・レイさんが、笑顔しか見せないように、早くなることを願っています。

 

 

アジア系やアフリカ系が活躍しはじめた世界のミスコンテスト

カテゴリ: お知らせ 作成日:2021年03月08日(月)

 

 20200209214038

 

Miss Grand International, MGIというミスコンテストが、ベネズエラで開催されました。

2019年度ですが、この年度はベネズエラ代表が選ばれました。

f:id:nihon-miss:20200209214201j:plain

このミスコンテスト、アジア系や黒人などが目につきます。

f:id:nihon-miss:20200209214019j:plain

その理由は、このMiss Grand International, MGIというミスコンテストは、始まったのが2013年と比較的新しく、しかも主催したのはタイ人です。

第一回もタイで開催されました。

この人が主催者。Nawat Itsaragrisilさん。

タイでは人気の司会者だとか。

f:id:nihon-miss:20200209214622j:plain

日本からも代表を送っています。

湊谷亜斗林さん。2019年度日本代表。青森の出身だそうです。

f:id:nihon-miss:20200209214944p:plain

このミスコンテストは、タイで設立されたせいではないでしょうが、やはりアジア系やアフリカ系の皆さんが多数出場しています。

グローバルのミスコンテストは、これまで白人の出場者が多く、優勝や上位入賞者は香白人が当たり前で、日本人がいい成績を残すと、それがニュースになるほどでした。

アジアやその他の地域からミスコンテストがはじまると、アジア系やアフリカ系の美女たちが活躍するのも珍しいことではなくなるでしょうね。

 

f:id:nihon-miss:20200209214114j:plain

ちなみに上の写真は、インドネシア代表。かつてイスラム国であるインドネシアで、ミスコンテストに出場した女性が、逮捕された例がありました。

何の罪なのか知りませんが。それから考えると、時代は変わりました。

それからちょっと変わった、このMiss Grand International, MGIの出場条件。

「生まれながらの女性であること」

ニューハーフや性転換が普通に行われているタイ発祥らしい条件でしょうか。

 

ちなみにこの方はタイの男性です。

f:id:nihon-miss:20200209215822j:plain

ミスアメリカは今年は開催されます。

カテゴリ: お知らせ 作成日:2021年02月20日(土)

 

ミスアメリカコンテストは、今年は開催されるようです。

 

昨年は中止になっていた、ミスアメリカコンテストですが、今年は新型コロナ対策を施したうえで開催となるようですね。

3月27日、ラスベガスで開催です。対策を施したとはいえ、盛大なものになるといいですね。

ミスアメリカ 1

 

中止になっていたので、2019年のミスアメリカが2020年度も引き続きミスの任務を行っていたとのことです。もっともこの新型コロナ禍のもとでは、出来ることなどあまり無かったと推察できますが。

 

2019年、2020年のミスアメリカはこの方。

camille schrierさん。

2年もミスをやるなど、そうそうある経験ではないので、いいことだったと思いたいです、まあ本人も、そんなふうにポジティブに考えていることでしょう。

ミスアメリカ 3

 

これに関して、話題を1つ。

 

今回のミスアメリカにトランスジェンダーの女性が参加を申し込んでしましたが、却下されたため裁判になっていました。

その判決が出たようです。上告するのかどうかはわかりませんが、いずれにしても今年のコンテストにはもう間に合いそうもありません。

 

この方です。名前はAnita Noelle Greenさん。

美しい方ですが男性です。心は女性というトランスジェンダーで、ミスアメリカに出たいとして裁判に至っていました。

ミスアメリカ 2

 

判決理由は、このミスアメリカコンテストは公的なものではなく、あくまで民間の任意団体が主催したもの。

誰を出場させるかは、コンテスト主催者の判断に委ねられ、それは違法とはいえない、というものでした。

いわば、裁判所としては判断を控えたということでしょうか。

 

今は外科の技術も進歩していて、かつてのトランスジェンダーと比較するのも難しいところです。

ミスコンテストとしては、困難な判断を求められる時代になりました。

 

  • お問い合わせ
  • 応募フォーム

Copyright © MissContest Garden All Rights Reserved. login